【リフォーム・リノベ施工事例】築43年 こだわりの空間で家族と過ごすおだやかで贅沢な時間

築43年 こだわりの空間で家族と過ごすおだやかで贅沢な時間


コンセプト
ミドルシニア世代のご夫婦がこれからの暮らしをより楽しめるようリフォームしました。明るいキッチンやペレットストーブのあるリビング、あたたかい光の入る縁側など、おだやかで贅沢な時間が過ごせる住まいです。長年暮らしてきた住まいがこだわりの空間へとカタチになりました。

 
建設概要
2階建て/延べ床面積39.7坪(131.35㎡)
浜松市S様邸


LDK
居間とキッチンが分かれていた以前の住まい。日当たりのいい和室へキッチンを移し、明るいLDKとなりました。




ダイニングテーブルは弊社職人による造作。杉の無垢材でつくりました。テーブルサイドには年輪が出ていて味のある一品です。




ダイニングの腰壁は、木目が上品な杉の柾目を張り彩りました。テーブルと木の素材を揃えることで統一感が出て、より木のぬくもりが感じられる空間になりました。




調理中でもリビングの様子やテレビが見られるよう、IHヒーター前の壁に窓(クリアガラス)を設けました。実用性のほか、空間に抜け感が出て採光も取れ一石三鳥。




こちらはご主人念願のペレットストーブ。壁は“カルチャードブリック”というセメント系レンガ調のタイルで彩りました。床には御影石を敷いてダンディな雰囲気に仕上げています。ここで好きな音楽を聴いて、コーヒーを飲む時間は格別でしょうね。あまりの快適さにリビングにいる時間が増えたそうです。




テレビ背面はダイニングの腰壁と同じ素材を使用し、華やかでぬくもりのある空間に仕上がりました。造作家具のテレビボードの天板には立派な杉の一枚板を使用しています。木の耳付き(木の外側の表皮に近い凸凹部分のこと)なので、より無垢材の表情や手触りの良さが感じられます。お部屋の主役級の家具となりました。




LDKには内窓やデザインガラス窓を設けました。寝室や廊下の採光が取れ、このナチュラルな雰囲気が部屋に華やかさをプラスしてくれます。




元からあった南側の縁側スペースはそのままに。フローリングやサッシ、建具等を変え“イマドキな縁側”に生まれ変わりました。




広さは1.3坪程ですが、このちょっとした空間が心地よく生活の質を高めてくれるのです。ここにいるだけで満たされる。みなさんのお家にもそんな心地よい空間があるのではないでしょうか。




建具(ドア・引戸)は建具職人歴55年越えの職人によるもの。米ヒバの明るい色味と窓部分に入っている細く繊細な木でつくられた建具がLDKの雰囲気を調和します。



引戸(写真右下)は窓部分を大きく取ったので、南面からの光がダイニングへもたっぷりと届きます。ここでのおだやかで贅沢な時間が暮らしの楽しみになりますね。


雨漏り工事
居間と縁側の天井は、雨漏りでシミが出来ていました。原因を調べたら窓回りの漏水でした。その修繕を行い天井のクロスを貼り替えました。




寝室
元は和室だった部屋をフローリングにし、ベッドが置ける寝室に。また、掃き出し窓から腰窓に変更しました。窓の面積が減った分壁が増え、断熱性を強化できたため、暖かさが増し防犯対策にも。また、奥行きのある押入からクローゼットにしたことで荷物の管理や出し入れがとてもスムーズにできるようになりました。




壁はパインの板張りでこの部屋に入ると一気にリラックスモードへ。心地よい睡眠へと導いてくれそうです。



壁上部にはリビングと繋がる室内窓があるので、寝室の採光や換気が効率よくできます。


洋室
30~45年前の洋室の壁は、”Before”にあるようなプリント合板を張ったものが人気でした。今回はこちらをクロスにし、光が広がる明るい部屋にしました。元は東側に2つ腰窓がありましたが、使用用途や断熱性を考え1つに。その窓も高性能なものにし、雨戸からシャッターに変えたことでより快適に生活することができるようになりました。




いくつかの空間に分かれた収納棚は、使い方が自由でシンプルなクローゼットに変更しました。エアコンの位置をクローゼットの横にしたことで、部屋を効率的に快適な温度に保てるようになりました。




和室
元はキッチンだった場所を和室にしました。青々しい畳は目で見ても、素足で歩いても癒し効果抜群。ここは客間としても使えるよう、お布団がしまえる押入をつくりました。奥行きがあるので、季節家電や大きさのあるものも収納できます。




洗面スペース
真っ直ぐ出入りできるよう、洗面化粧台と洗濯機を入口の正面に配置しました。




壁は全面パインの板張りで、まるで温泉に来たかのよう。木の持つ柔らかい雰囲気がリラックス効果をもたらします。




お風呂も新しくし、足を伸ばしてゆったりお湯に浸かれるようになりました。心身ともに癒してくれる場所がまた増えました。




二階洋室
砂壁や板張りの壁をクロスにして、すっきりとシンプルに。クローゼットは中段を無くし、長さや高さのあるものでも収納できるようにしました。




2階通路にあった洗面化粧台を新しくして、壁は砂壁からクロスにしました。



2階にあるもう1部屋は、使用頻度が高くないのでリフォームはせず予算を抑えました。


玄関
玄関周りも大きく変わりました。まず引戸を新しくしました。今回は開口部が広いタイプを採用。通常は引戸の半分しか開かないところ、扉3枚が重なって開くため、2/3が開きます。これは荷物を持っての出入りがとてもしやすいですね。




また、今回は欄間無しのタイプを採用したので、引戸と玄関ポーチや土間に段差が生まれました。そこで、元々あったタイルの上からデッキ材として使われるバンキライを張りました。そうしたことで段差のない安全な玄関周りとなりました。



玄関ポーチの壁にも、同じ素材を板張りに。家の顔である玄関が木で囲まれた高級感溢れる雰囲気になりました。


中は天井と壁が板張りだった玄関から、シンプルでモダンさを感じる開放感のある空間に。そうすることで弊社職人による造作のシューズボックスがより引き立ちました。






造作家具
先ほど紹介したダイニングテーブルやテレビボード以外にも造作家具を製作しました。

玄関先には電話台をつくりました。背面の壁から横幅がはみ出ない様、サイズを念入りに計って設計、製作。開き戸の中にはルーターを収納したいとのことで、壁コンセントが使えるよう背面板は敢えて付けませんでした。棚は可動式なので収納するものに合わせて高さを調整でき、空間を有効活用することができます。



和室には、神棚台と仏壇台をつくりました。シンプルで主張しすぎないデザインを意識しました。


外観
外壁を塗り替え、飾り縁を新たに付けアクセントに。ほとんど使っていなかった2階のベランダは取外すことにしました。




敷地への入口を広くするため、ブロック塀の手前のみを解体し新たにつくる際には家の少し内側に寄せました。そうしたことで、入口が広がり駐車しやすくなりました。また、車で家から出る際も見通しがよくなり安全に。既存のブロック塀は、洗浄したことで見違えるほどきれいになりました。




担当者から一言
ご家族の思い出が詰まった住まいを守りつつ、これからの暮らしがより充実したものになるよういろいろとご提案をさせていただきました。お施主様からペレットストーブへのこだわりを聞かせていただいたときの生き生きと輝いたお顔は忘れません。お気に入りのストーブがある暮らしはいかがでしょうか?心地よい空間で暖かい冬を過ごされていることと思います。また、ぜひいろいろなお話しを聞かせてください。生まれ変わった住まいで益々充実した生活が送れますように。この度は誠にありがとうございました。
?Gg[???ubN}[N??

2023年12月4日