2023年新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

いまだ新型コロナウイルス影響など急速な変化が多い社会情勢ですが、こうして関わって頂ける皆様と新しい年を迎えられたことをうれしく思います。

さて、私は 2022年 10月に、3代目として代表取締役社長の役割を頂く事となりました。それと同時に社会にとって の役割を考える機会を頂き、改めて振り返ることができました。

弊社は1953年に創業し、今年で70周年を迎えます。
「樹木の育成、伐採、乾燥、製材」から始まり、住宅産業の変化と共に、「ログハウス建築(1985~)、輸入住宅・ガレージ・店舗建築(1985~)、在来住宅・店舗建築(1989~)」など、住まいの仕事に長く携わらせて頂いております。

近年、過去に頂いたお仕事を振り返ると、「憧れの暮らしの実現」として、様々なスタイルデザインの建物、高性能住宅、コストパフォーマンスを追求した建物、土地探し、土地仲介など、頂くニーズは一定ではありません。
また「現在の暮らしの困りごと」も同様に幅広さを感じます。例えば生活の変化による間取りの変更、外壁屋根塗替え、トイレなど水廻り交換、エコキュート交換、断熱、耐震、雨漏り、雨樋修理、建具調整、畳表替えなどなど)、建物の築年数、住まい方により求められる内容が変化しています。

住まいの仕事に携わっていると、長いお付き合いをさせて頂く地域のお客様も多くいらっしゃいます。自分たちができる事を活かし共に方法を考えて寄り添う事を続けることで、逆に支えて頂き、生かされていることを深く理解しました 。
これを踏まえ「自身の立ち位置からできること、社会における存在意義」を考え経営理念を掲げました。
【地域社会の発展と心身豊かな暮らしの創造】を大切に考えたいと思います。

私は、磐田でずっと育ちました。家族、ご近所、自治会、祭り、友達、学校、恩師など多くの地域の方の感性に触れて、価値観、振る舞い含め 、コミュニケーションを学ばせてもらい、自分自身の成長には多くの方の関わりあったことに気がつき、自分のできる恩送りを頂いた身近な人、地域に紡いでいく必要があると感じています。
企業も同じく、共に生活をしていく人、地域に対して僕たちができることを誠実にご提案できればと考えています。たまたま同じ時代、同じ地域で生活を共にする方々を仲間と捉え、「愛と敬と感謝の経営」を目指します。

多様化や少子化が急速に進む最中、住まいの状況もニーズも幅広く変化している現代です。
新築にまつわる状況では、多くの建材の高騰、行政の断熱基準の引き上げ、エネルギーのコストに関わる不安があります。また、空き家が増えリフォーム・リノベーション、古民家再生などの住まいを手に入れるための選択肢はより増えていくと感じています。
それぞれのご家族が求めるライフスタイルに沿って、心と身体、共に健やかに過ごせる一助となれることを目指し、ご家族の意向に寄り添い、誠実に今年も進んでいきます。

本年が、皆さまと そのご家族にとって、充実した幸せの一年になることを祈念して、新年の挨拶とさせて頂きます。
   
三州木材株式会社 杉林 博之


■1/29(日)【無料】収納セミナー開催!
まだ数組空きがございます♪
  収納セミナー

■インスタグラム更新中!
  三州木材のインスタ
?Gg[???ubN}[N??