住宅資金の援助を受ける時に確認すること(2022年)!

こんにちは 三州木材です

7月になり、すっかり夏を迎えた感じになりましたね
早速台風のニュースも聞くようになり、変わりやすい天気が続きそうですのでタイムリーに天気予報のチェックをしたいところですね!

さて、住宅業界はまだまだ価格高騰が収まる兆しはありません。そこで、補助金情報をつかんでいただきたいことに加えまして、親御さんから住宅建設資金の援助を受けるという選択肢についても目を向けてみたいと思います。

住宅資金の援助を親御さんからいただけそうな方には「住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例「適用条件」をぜひ調べてみていただきたいと思います。

条件には「父母、祖父母などの直系尊属からの贈与」という内容があり、これが大前提となります。
その他には、期間の定め(入居時期など)、金額による課税・非課税の決まりなどがあります。

また、建築する住宅の性能によっても贈与金額の課税・非課税が変わってくるところもポイントです。
(高性能住宅の場合、非課税の贈与額が大きくなります)
もしも贈与を検討する場合、多くの方は非課税を望まれると思いますので、そこは注意深く金額を調べておいてください。





まずは、お客様には制度の概要を把握していただき、関係者の方へ理解を促していただくことが何より大切です。
その後は、建築を請け負う私たちのような工務店にご相談を持ちかけていただければ、総合してお話を把握し、専門家にアドバイスを求めながら家づくりの計画を進めていきます。



お客様にとっての最終ゴールは、夢のマイホームが手に入ること。
その手段として、住宅資金の準備がスムーズにできるよう協力させていただきます。
個別相談の内容になりますので、ぜひショールームで詳しくお話をお聞きいたしますね
ご予約をお待ちしています。

それでは、次回もお楽しみに
?Gg[???ubN}[N??