木づくりの家づくり。三州木材株式会社浜松・磐田を中心に自然素材を使った木の家を施工する住宅メーカーです。

  • 会社概要
  • サイトマップ

電話番号0538-34-3434 営業時間9:00〜18:00 お問い合わせ・資料請求

お気に入りに登録

新着情報

三州木材株式会社 ホーム > 新着情報 > 木材の 『高温乾燥』 と 『天然乾燥』

2016.01.12木材の 『高温乾燥』 と 『天然乾燥』

こんにちは(*^_^*) 三州木材 松下です♫

今日は午前中お休みをいただきまして、次女の「長なわ大会」を見に行ってきました(*^_^*)

コレ、世間的には「8の字跳び」っていうんですかねぇ?

毎年見ていますから、みんなでさくさく跳んでいく姿に成長を感じます(#^.^#)

頑張ってました(*^^)v

さて、

今日は、増築のU様邸に使われた材料について・・・

伐り倒されたばかりの原木には、根から吸い上げられた水分がたくさん蓄えられています。

そのままでは使用できませんので、建築に適した含水率になるまで乾燥させなければなりません。

(含水率とは難しい計算方法がありますが、木材の強度が最も高いのは10%~13%と言われています)

木材を乾燥させる方法には 『人工乾燥』 と 『天然乾燥』 があります♪

IMG_6093.JPG

 ↑ こちら、『高温乾燥』 された 桧 になります。

『高温乾燥』 とは、通常の 『人工乾燥』 で100℃以下での乾燥が一般的なところ、

100℃以上の温度で乾燥することです。

主な特徴としては

① 乾燥時間が一般乾燥の1/5~1/2に短縮できる

② 乾燥木材の平衡含水率が低下できる

③ 材面割れが少ない

IMG_6095.JPG

芯持ち材でも割れはこの程度ヽ(^。^)ノ

*芯持ち材=木材の中心部があること

そして

IMG_6114.JPGのサムネイル画像

 ↑ 前回もブログにUPした天竜杉たち、

こちらは8年間 『天然乾燥』 したモノです。

『天然乾燥』 とは、簡単に言えば、日陰に干しておくだけです。

主な特徴としては、

① 材の脂が乗り、ツヤが良い

② 香りを損なわない

③ コストがかからない

IMG_6256.JPGのサムネイル画像

ツヤは写真でどこまで伝わるか?

香りは伝えられなく、残念(>_<)

このような特徴のある木材を、それぞれのメリット、デメリットにより、適材適所に使い分けていますヽ(^。^)ノ

  • 施工例
  • お問い合わせ・資料請求

新着情報

最新の記事

月別アーカイブ

2016年
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2015年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2014年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月
2月
1月
2013年
12月
11月
10月
9月
8月
7月
6月
5月
4月
3月

サンステート不動産 不動産のことならおまかせ下さい。

Garage-Houseこだわる大人の男のガレージハウス

ページの先頭へ